『親愛なる僕へ殺意をこめて』の犯人を考察!理由は、犯人だったらショックだから

『親愛なる僕へ殺意をこめて』の犯人を考察します。犯人だと思う理由をまとめます。

実の父親が連続殺人事件の犯人という大学生の浦島エイジと同じ大学生・雪村京花。
二人は恋人です。なんでも打ち明けられる同士です。

エイジの背負う十字架も過去の悲惨な体験も、京花は包み込んでしまう女神さま。

二重人格と悟るエイジにも自然体で寄り添う京花だから、百花繚乱。

先の読めない複雑な展開に咲いて散る美しく切ないラブサスペンス。

犯人が誰なのか、気になりますよね~

複雑に絡み合った人間模様の中で、考察するのはゾクゾクものです。

ドラマの公式サイトやネットの情報を調べて、犯人を予想しました!

そこで『親愛なる僕へ殺意をこめて』の疑問に答えます。

犯人は誰?犯人を考察します。
犯人と予想した理由は
どM・どSが絡み合った猟奇殺人事件とは?

『親愛なる僕へ殺意をこめて』の登場人物は、裏表のあるキャラクターたちばかりです。

ーフジTV公式サイト・原作者 井龍一さんー

この記事を読んで、あなたも犯人を考察してみてくださいね!

『親愛なる僕へ殺意をこめて』の犯人を考察!理由は?

『親愛なる僕へ殺意をこめて』の犯人と考察するキャストは、2人います。

犯人考察①ヒロイン・ 雪村京花(門脇麦)
犯人考察②もう一人のヒロイン・ナミ(川栄李奈)

では、犯人だと思う理由を詳しく書きます!

犯人考察①ヒロイン・ 雪村京花(門脇麦)

ヒロインの雪村京花が犯人とは信じられない!と、思いますよね!

犯人は京花と考察する理由

京花が犯人と考察する理由は、ヒロインが犯人だった時が、一番衝撃的だからです。

いつも主人公の傍にいて、女神の存在の良い人が犯人とは、どMとどSでは計り知れない鬼。

何のわだかまりもない、裸の笑いを発散できる京花が犯人だったら、超ショックですよね!

京花が犯人だと考察するのには根拠がある

京花が犯人だと思うのには、根拠があります。

『親愛なる僕へ殺意をこめて』のヒロイン役・門脇麦(かどわき むぎ)さんは、           キャスティングの関係からか、8月18日にレギュラー出演することが決定しました。

 
その3週間前の7月28日、
「川栄李奈さん、フジテレビ系連ドラ初ヒロイン!」との発表。

これにはちょっと混乱させられたんです。

役柄は全く違いますが、どこか意図的な匂いを覚えました。

また、

8月18日の新キャスト発表の時、京花について見逃せない一文があります。

『エイジにとってかけがえのない女神であり恋人の京花でしたが、彼女にも驚くべき秘密が・・・。』

そして、京花を演じる門脇麦さんのコメントは俳優として、いち個人として語られています。

”人が何かを経験し、混ざり合うことによって、いろんな物語が紡がれていきます。”

ーフジTV ドラマ公式サイトより抜粋ー

サスペンスミステリーの犯人は、第一容疑者が鉄板と言われています。

しかしながら、第一容疑者のエイジは二重人格。何をやったのか覚えていません。

そこで浮上する、主人公に近い所にいて良い人間。

京花が犯人と考察できます。

もう一人、浮かぶ犯人とは?

犯人考察②もう一人のヒロイン・ナミ(川栄李奈)

彼女が犯人だと思う理由を詳しく書きます!

ナミが犯人だと考察する理由

ナミが犯人だと思う理由は、エイジに協力してくれる身近にいる良い人だから

もう一人のヒロイン、ナミの役どころは、半グレ集団「スカル」が運営するデートクラブ「アリス」で働く女性です。

半ば人生を諦めて生きてきたナミに出来た親友が、ある事件で亡くなってしまい、どん底のナミの前に現れたのがエイジでした。その出会いをきっかけに、ナミは親友の命を奪った犯人を探すことを決意する。

と、一見するとエイジとの出会いがナミの親友殺人事件探しにつながります。

それが猟奇殺人事件の第一容疑者エイジとナミに絡む糸になるのか?

人は嘘をつく

川栄李奈さん コメント:

「このドラマに出てくるキャラクターが、皆さん結構濃くて(笑)。エイジを含め、裏表があるキャラクターが多い中で、ナミは1番視聴者の方に寄り添った役なのではないかと思っています。」

「ドラマを見てくださる皆さんも絶対に最後まで楽しめると思います。いろいろな考察をしながら、楽しんで見ていただけたらうれしいです!」

 ーフジテレビドラマ公式サイトー 

さも、良い印象を与えるコメントですが、

ナミのような可愛い子が犯人だったら、かなりの衝撃ですよね。

鍵は、京花とナミの接点にあると考察します!

二人の共謀犯罪の線が点となり面となり・・・。

先の展開が読めません!

『親愛なる僕へ殺意を込めて』佐井社(さい・やしろ) 役は 尾上松也!プロフィールや出演作品を紹介

『親愛なる僕へ殺意をこめて』に原作はある?脚本家は誰?

『親愛なる僕へ殺意をこめて』のあらすじ

”一回こっきりの人生。やりたいことをやって、楽しんだもん勝ちさ”と、お気軽なヘラヘラ仲間と毎日を送っている大学2年生・浦島エイジ(うらしま・えいじ)。

その彼には、人には言えない暗黒の過去があります。実の父親が連続殺人事件の犯人という。

心を閉ざして過ごすキャンパス生活にたった一つの希望は、愛する人の存在です。その人の名は、同じ大学に通う女子大生・雪村京花(ゆきむら・きょうか)。

何のわだかまりもない、裸の笑いを発散できる彼女はエイジの女神なんですね。

そんな二人の絆をより強くしたのが、キャンパス内に知れ渡った「エイジの実の父親が連続殺人事件の犯人」という事実。周りから白い目で見られるエイジに、京花だけは女神そのもの。自然体でエイジを包み、寄り添うのです。

そんなある日、猟奇殺人事件が起こります。犯罪手口は、エイジの父親が起こした殺人事件と、うり二つの卑劣な拷問による殺害。

当然、第一容疑者にエイジが浮かぶ。   

                  

そうなのか?それとも他に・・・。

一体誰が犯人?!

『親愛なる僕へ殺意を込めて』佐井社(さい・やしろ) 役は 尾上松也!プロフィールや出演作品を紹介

『親愛なる僕へ殺意をこめて』に原作はある?脚本家は誰?

『親愛なる僕へ殺意をこめて』犯人考察まとめ

『親愛なる僕へ殺意を込めて』の犯人と考察するキャストは、2人います。

犯人考察①ヒロイン・ 雪村京花(門脇麦)
犯人考察②もう一人のヒロイン・ナミ(川栄李奈)

京花とナミが犯人だと思う理由は、

二重人格と悟るエイジに纏わりつく怪しい人間はたくさんいますが、

身近にいる良い人が犯人だった時が一番衝撃的だからです。

これからどんな展開になるのか、正直読めません!

誰が犯人なのか、楽しみですね!^^

U-NEXT<ユーネクスト>※商品リンクあり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする