親愛なる僕へ殺意を込めての最終回11/30真犯人は誰?京花、ナミの結末は?エイジとB一はどうなる?

親愛なる僕へ殺意を込めての最終回(11/30)真犯人は誰?京花、ナミの結末は?エイジとB一はどうなる?全ての真相をまとめます。

15年前の、壮絶な拷問による連続殺人事件と酷似する模倣事件が発生。

第一容疑者として、殺人鬼の息子である「エイジ」に真っ先に疑惑の矛先が向けられます。

しかし、
二重人格と悟るエイジに纏わりつく怪しい人間はたくさんいます。

どM・どSが絡み合った先の読めない 展開。

誰が犯人なのか、最終回はどうなるのか、気になりますよね!

そこで、親愛なる僕へ殺意を込めての最終回を考察、予想します。

最終回の考察を読んで、あなたも予想してみてくださいね!

LL事件の真犯人は浦島亀一、浦島エイジとB一の実父・八野衣真は晴れて無罪に。京花、ナミの結末は?エイジとB一の存在は?

最終回は、LL事件の真犯人が浦島亀一と判明します。

いい人、浦島エイジとは真逆のB一は二重人格の主(あるじ)です。
そのB一はこれまでに重ね、起こしたことの顛末を全て警察に告白することに。

出頭する前に主人公の傍にいて育ての親でもある亀一に謝罪にいきます。

エイジの義理姉にあたる乙が京花を襲ったのも自分のせいであり、
父・八野衣真の復讐のために多くの人たちに迷惑を掛けたことを打ち明け詫びたのです。

驚いた亀一の能面みたいな表情にふと、B一はあることに気づきました。
そういえば、亀一は昔からいつもどこかにケガを負っていた・・・

B一はそっと訊いてみた。

「LLは何故拷問して殺したんだと思う?」
「・・・、たぶん痛みを感じないからかな」

ゆっくりと立ち上がったB一の手にはナイフが。
間髪入れずに亀一の手の甲にナイフを。何度も何度も。

亀一は感覚麻痺という病気を抱えていた。

猫から人間に虐待の的を変えて行った。
拷問の際にしびれるような味が脳に刻まれ沈殿する。

かつて
エイジの実父・八野衣真と育ての親・浦島亀一は
家出少女たちの救済活動をやっていた。

亀一は涎(よだれ)が止まらなかっただろう。
犠牲となった少女たちに線香の一本でも上げたのだろうか?

虐殺を重ねるうち、飽きてきた。
犯行を知られる恐怖にうなされた。

八野衣真に罪を着せようと思った。

どこの馬の骨とも知れない善人。
一方、保護司の肩書。

八野衣真は餌食となった。

「お前がLLだ!」

B一は亀一に銃口を向けて撃った!
しかし、弾はソレて床に。

警察が駆けつけ、B一は携帯を差し出した。
さっきまでの一部始終は録音されていた。

「こいつが真犯人です」

一方、八野衣真は焼身自殺ではなく
桃井刑事の上司、猿渡に絞殺されていました。

そして桃井刑事はB一に刺され橋から身を投げ亡くなります。
その現場を目撃していた猿渡は、銃口を頭に自殺したのでした。

裁判が開かれて、真相が明るみになりました。

このドラマの発端となった畑葉子を殺した犯人は、雪村京花の実父の白菱正人。
葉子が最後に相手をした男が、LL事件の被害者・白菱凛の父親でもあったのです。

佐井から逃走した葉子を拉致・監禁、そして半殺しのドSを愉しんだのは雪村京花。

親子そろって、今現在も収監中の身です。

ナミは、行方不明になりました。

「ただただ(浦島)エイジの味方でいられるように」と、
ナミが語っていた当のエイジは・・・

裁判のなか、証人尋問に出廷したB一(エイジ)は、答えました。

「15年前にLL事件が発覚した時に、自分(B一)の別人格が生まれました。
それが浦島エイジです。彼の人格は、彼、自らの遺志が決めました。消えて
いなくなってしまいましたが、このLL事件解決の恩人です」

B一は悟ったと思います。
復讐は虚しく儚い夢物語だと。

二重人格が生んだ修羅場の中の切ない恋。

獄中にある雪村京花は、
小窓に覗く小鳥のさえずりに
エイジを想っているに違いありません。

浦島亀一の死刑判決から15年を経て、八野衣真は無罪と証明されたのです。

きっと
八野衣真は
天国から柔らかい微笑みを浮かべていることでしょう・・・

消えてしまった浦島エイジに
苦悩の末、エイジを生んだB一に

ふたりを愛し傷つけ舐めあった京花に
どこまでもついていく素直な娘ナミに

ハッピーエンドとは呼べないけど
生きてりゃあなんとかなるさ

って。

渇いた嗤いは風に吹かれて

風の噂に

元、半グレ集団『スカル』のカリスマ的リーダー・佐井社は
刑務所内で丸刈り頭でバスケにいい汗掻いているとか。。

2年間の服役を終えたB一は、運命の悪戯か
畑葉子の墓前に手を合わせていたナミとまさかの再会をします。

何とも言えない懐かしい気持ちに抱き合うふたりでした。

”ドーンパンパン!!ドーン!!!”

とっさにナミから離れて耳たぶを触ったB一、いや、エイジ。
その様にナミは感動しました。

生きてる!だって、エイジの癖だもん。
花火さんありがとう。

墓地をゆっくりと立ち去っていく二人の天空に

花火が景気よく響き舞っている。

親愛なる僕へ殺意を込めての最終回はハッピーエンド?

最終回を予想していましたがはずれました。

以下の通りです。

最終回は、「ハッピーエンドにはならない」と予想・考察します。

物価が上がって給料は下がって、ぎりぎりの生活の毎日。

せめてもの安らぎを

”あっ”と言わせるどんでん返しを期待している視聴者に

『ハッピーエンド』の最終回は当然のことと思います。

しかし、ハッピーエンドはお花畑の夢物語に過ぎません。

松山博昭 監督のコメント

「複雑に絡み合い、明らかになる全ての謎と真実。連続ドラマだからこそ出来る物語、連続ドラマでこそ見たい物語を紡いでいきたいと思っています。」

ーフジテレビドラマ公式サイトー

※明らかになる全ての謎と真実。
と、松山監督はコメントされています。

真実はひとつしかありません。
結果、酷たらしい顔もさらけ出す。

仮に、後味の悪い結末であったとしても
山田凉介さんが演じる主人公・浦島エイジは
美しい表情をラストシーンで浮かべる筈。

浦島エイジに絡む主人公に近い所にいて良い人間。

京花とナミは、衝撃的な結末を迎えてしまいます!

結末はどうなる?

時系列に捕らえると、ナミの親友・畑葉子が惨殺されるのは
エイジが記憶を失って眠っている期間です。

その間に、京花が犯行に及んだと推測します。

いつも主人公の傍にいて、女神の存在の良い人が犯人とは、どMとどSでは計り知れない鬼。

鬼となって京花が葉子を惨殺したのは、嫉妬心からです。

もう一人のエイジ・B一が、葉子の恋人。
そう悟った京花は壮絶な拷問による惨殺事件を起こした。

何故?

B一が15年前、壮絶な拷問による連続殺人事件を起こしたエイジの父親だから。
親の因果がB一に報った。

犯罪者や殺人鬼たちに憧れを抱き、最悪のケース、恋に落ちることも。

京花はB一にエイジに、そしてエイジの父親に倒錯した愛を叫んだ!

次に、ナミ。

半ば人生を諦めて生きてきたナミに出来た親友が、ある事件で亡くなってしまい、どん底のナミの前に現れたのがエイジでした。その出会いをきっかけに、ナミは親友の命を奪った犯人を探すことを決意する。

この時点では、ナミの親友・畑葉子が惨殺されています。

ドラマは京花による犯罪ということで幕引き。
では面白くありません。

ナミは親友の命を奪った犯人を探すことを決意する。

京花の犯行を暴き、復讐を果たす。

京花はナミの手で殺されると推測します。

ナミ役の川栄李奈さんは、インタビュー(フジTVドラマ公式サイト)で語っています。

「ただただエイジの味方でいられるように一生懸命さが伝わればいいかなと思っています。」

ナミが犯人だと思う理由は、エイジに協力してくれる身近にいる良い人だから。

ナミのような可愛い子が犯人だったら、かなりの衝撃ですよね。

鍵は、京花とナミの接点にあると考察します!

接点は、「二重人格」のエイジにあります。
そして、エイジ・B一の実の父親にあります。

京花は壮絶な拷問による惨殺事件を起こす。
それによって、自死するかも知れない。

矢先、ナミの手で殺されてしまう。

ナミは自首するでしょう。

遠くに

一筋の泪と美しい切ない微笑みを浮かべている

真のエイジを見つめながら。

親愛なる僕へ殺意を込めての美人刑事役は誰?プロフィールや過去の出演作品を紹介

親愛なる僕へ殺意を込めての佐井社役は誰?尾上松也のプロフィールと出演作品を紹介

犯人は誰?

犯人は、雪村京花(門脇麦)か?ナミ(川栄李奈)か?それとも?

サスペンスミステリーの犯人は、第一容疑者が鉄板と言われています。

しかしながら、第一容疑者のエイジは二重人格。何をやったのか覚えていません。

もう一人のエイジ(B一・びーいち)は、エイジが眠っている時に動きます。

そこで浮上する、主人公に近い所にいて良い人間。

犯人だとわかった時、衝撃が大きい登場人物!

何のわだかまりもない、裸の笑いを発散できる京花はエイジの女神です。

一方、

デートクラブ『アリス』で働いているナミの親友・畑葉子が惨殺されて・・・
エイジとナミの出会いは、妙な偶然から始まります。

京花とナミ。そして、エイジとB一。

四人の織りなす運命の悪戯(いたずら)とは?

『親愛なる僕へ殺意をこめて』の犯人を考察!理由は、犯人だったらショックだから

『親愛なる僕へ殺意をこめて』に原作はある?脚本家は誰?

可愛い山田涼介さんが見れます「俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?」

U-NEXT<ユーネクスト>※商品リンクあり

最終回までのあらすじ

”一回こっきりの人生。やりたいことをやって、楽しんだもん勝ちさ”と、お気軽なヘラヘラ仲間と毎日を送っている大学2年生・浦島エイジ。

表向きは何も考えていない普通のやさ男にしか見えないエイジには、人には言えない暗黒の過去があります。

”実の父親が連続殺人事件の犯人”。このどうしようもない事実は、少年時代にいじめられ、ののしられた過酷な傷を消せません。
笑っている、恍ける、凍る。いくつも持っている生きていくための仮面。本当の自分さえ見せることが出来ない。こうなると裏も表もわかりませんね、エイジには。

重い十字架を背負うエイジにたった一つの希望は”愛”です。愛する人の存在です。

その人の名は、雪村京花。
何のわだかまりもない、裸の笑いを発散できる彼女はエイジの女神なんですね。

そんなある日、猟奇殺人事件が起こります。

犯罪手口は、エイジの父親が起こした殺人事件とうり二つの卑劣な拷問による殺害。

惨殺されたのは、デートクラブ『アリス』で働いているナミの親友・畑葉子でした。

その事件があったとされる犯行期間のエイジには、アリバイも記憶も何もかも空白でしかない。すっぽりと抜け落ちている。もしかして、自分が?血のつながったあの親父の連続殺人事件と、今回の現実。

一瞬、エイジに囁くもう一人のエイジ。”お前さ”。

『二重人格』。

エイジに囁いたもう一人のエイジと本人のどっちが本物の彼?!

ぎりぎりまで追い込まれた命がけの「自分探し」から見えてくるエイジの正体とは?

複雑なからくりと謎とは?

犯人は誰?!

可愛い山田涼介さんが見れます「俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?」

U-NEXT<ユーネクスト>※商品リンクあり>

親愛なる僕へ殺意を込めてまとめ

親愛なる僕へ殺意を込めての最終回(11/30)真犯人は誰?京花、ナミの結末は?エイジとB一はどうなる?全ての真相をまとめました。

・LL事件の真犯人は浦島亀一、浦島エイジとB一の実父・八野衣真は晴れて無罪に。
 京花、ナミの結末は?エイジとB一の存在は?
・親愛なる僕へ殺意を込めての最終回はハッピーエンド?
・結末はどうなる?
・犯人は誰?
・最終回までのあらすじ
・親愛なる僕へ殺意を込めてまとめ

最終回の結末を考察を読んで、あなたも予想してみてくださいね!

感動を、もっとどん欲に!!

U-NEXT<ユーネクスト>※商品リンクあり

本ページの情報は、2022年11月時点のものです!

最新の配信状況はU-NEXTの公式サイトでご確認ください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする