生活保護の2ケ月間。なんでもいい、生きがいに遊ぶ日々に!!

こんちは、失敗おじさんです。

とりこし苦労のあとに、待っていたもの。

それは、思いもしなかった展開でした。

11月27日(月)に、生活保護の申請が受理され

12月13日(水)に正式に生活保護の決定となりました。

その間にいろいろあって、少々頭が混乱している年の瀬。

なんとか無事に正月は迎えられそうですが

まんまと狐に化かされた思いのする今日この頃です。

・たった2カ月間の生活保護

ひとり身のバツイチ失敗おじさんにとって

12月と翌年1月だけが生活保護期間というのは、

残念でもあり嬉しくもあります。

一番残念なのは、医療費の全額補助です。

難病患者の私にとって、2カ月に一度の

診察料と薬代金合わせて5千円は痛い。

翌年2月から、またその医療費がかかります。

2年前までは全額無料でしたが・・・。

歯医者にも行きたかったし

禁煙治療にも行きたかった。

嬉しいことは、引っ越しがなくなり

車を手放さなくてよくなったことです。

・引っ越しと車の手放し

普通ですと、家賃の安いところへ引っ越し

財産とみなされる「車」は手放さなくてはなりません。

ところが、

引っ越しのことですが

倉敷市の住宅扶助金額(一人住まい)は、35000円までです。

いまの家賃が42000円。7000円オ-バ-となりますね。

築22年の2DKアパ-トに暮らして、早や5年。

住めば都、愛着もあります。

なんとか引っ越しせずに、家賃が35000円にならないものか?

市の福祉課と、アパ-ト管理会社に相談しました。

その結果、アパ-ト管理会社が家主の了解を得て家賃を35000円に引き下げOK。

すぐに、市の福祉課へ連絡を入れると、「その条件なら、引っ越しは無用」。

そのうえに、車の放棄もしないでいいです。

1月までの短期間で車を処分するのはあまりにも酷、

また車を購入するとなれば、いろいろと大変ですからね。

と、市の福祉課の大岡裁き。

相談はしてみるもんですね。笑

・・・・・・・・・・・・・・

私の場合には、引っ越しはしなくてすみました。

しかし、おおかたの場合、引っ越しはつきものです。

※どこに引っ越しするのか? 「賃貸 場所 おすすめ」

※安心安全な引っ越し業者は? 「引っ越し 場所 おすすめ」

パソコンからでもスマホからでも、このようにして

検索窓に入力してみると簡単に見つかります。

ご参考になれば幸いです。

               ・・・・・・・・・・・・・・・

・家賃のカラクリ

アパ-ト管理会社が、家賃をすんなり7000円も下げた話には裏がありました。

築22年という中古アパ-トでも、入居者が出ていくより

賃料を下げてでも空き部屋をつくるよりはいい。

アパ-ト管理会社と、家主の思惑が一致した結果、

まえの家賃42000円から35000円になったのです。

以前の家賃の内訳は、

・賃料 40000円
・共益費 2000円
・駐車場、一台込み 0円

今回の家賃の場合は、

・賃料 35000円
・共益費 3000円
・駐車場 なし

駐車場なしと言うのは、今使用している駐車場がなくなることです。

それでは、私の車はどうするのか?

いま車を駐車しているその場所に、1月まで駐車・保管することになります。

当然のこと、駐車・保管料金がかかります。その額、4000円。

おわかりでしょうか?

家主とアパ-ト管理会社が、賃料を35000円に引き下げたのは

倉敷市の住宅扶助金額(一人住まい)の賃料35,000円に合わせ

共益費3000円プラス駐車・保管料金4000円は別にいただく。

結局のところ、以前のままの賃貸条件に変わりはないのです。

はは。商売人ですね。一本やられました。

・家賃の全額補助の勘違い?

ところで、あなたは知っていますか?

「家賃を支払っていない時、申請した月の家賃分が全額支給される」ことを。

と、わかったようなことを前の記事で書きましたが、

建物賃貸借契約書には、

『来月分の家賃の支払いを、当月の27日前後に口座引き落としする』

このようにあります。

私は勘違いしていました。

11月27日に口座引き落としをさせなかったのは

11月分の家賃ではなく、12月分の家賃でした。

アパ-ト管理会社の、家賃取り立て業者からは

追徴金を併せて42378円が請求され、支払いました。

思いもかけない出費となってしまいました。

11月27日に引き落としができなかった12月分の家賃は

生活保護費から全額支給はされませんでした。

12月13日付けの「保護決定(変更)通知書」にはこうあります。

・住宅扶助:31724円(12月分支給・追給額)
・生活扶助:10526円(11月分支給・追給額)
・住宅扶助:31724円(1月分以降支給額)
・生活扶助:78950円(12月分以降支給額)

12月15日、

とりあえず、現金で42250円を手渡しされました。

・住宅扶助:31724円(12月分支給・追給額)
・生活扶助:10526円(11月分支給・追給額)

内訳は以上です。

よくわからないまま、受け取りの認印を押しました。

・シニアカ-(セニアカ-)

今までは、買い物にいくにも軽いドライブを楽しむにも

中古車(普通車1,5L)を利用してきました。

しかし、生活保護の決定した12月13日から

電動式「シニアカ-」に乗らざるを得なくなりました。

最高時速6Kmは、早足で歩く速度です。

フル充電で35Kmくらい走行できます。

天井がありませんから、風雨のときには苦労します。

車のありがたさを実感していますね。

ただ、シニアカ-に乗っていると風景が変わります。

車に乗っていた時には見過ごしていたものが発見できるのです。

こんな所に畑があったり、路地があったり、空き家があったり・・・

小鳥のさえずり、焼き肉・ラ-メン・お好み焼きなどのにおい。

何気ない普通の生活にも奥行きがあるんだなあって。

散歩とはひと味違った、のどかなドライブ。

1月いっぱい、楽しんでやろうと思います。

※シニアカ-は、市の「高齢者支援センター」が手配していただき
 介護保険からレンタル料金が支給され、私の負担金はありません。

・寂しいふところだけど

もともと、生活保護を受けることになった原因は

12月と1月の厚生年金がカットされたことです。

現在は失業中のため、雇用保険から支給される

55328円と国民年金の40158円の収入だけ。

市の最低生活費116580円に足りない理由からです。

先月下旬に満65歳となりましたので

2月からは、国民年金・厚生年金が両方とも支給されます。

年金収入78176円プラス雇用保険55328円となり

晴れて、生活保護から解放(?)されるってわけですわ。。笑

生活保護費の減額。

消費税率引き上げ。

たばこ代金の引き上げ。

などなど、、、

「国の借金」9月末で1080兆円。 国民1人あたり852万円 ですよ。

高齢化社会のいま、なんとも情けない状況だといえます。

せめて、自分の生きがいを大切に育てていくしかないです!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする