『北の国から ‘95 秘密』シュウの過去も蛍の不倫も、許せますか?

今回の立役者は「五郎」です。シュウと純のひび割れを修復したり、 娘の蛍の不倫を応援したり。いい歳のおじさんが、優しい縁の下の 力持ちとして味のある仕事しています。それから正吉のピリっとした 小粒の山椒(さんしょ)役も見逃せません。お楽しみください!

『北の国から ‘92巣立ち』純とタマ子、そして五郎の誠意は ”やるなら今しかねえ”

父親の五郎のもとから巣立っていく、純と蛍の恋物語を中心に描いた作品です。 その中でも、東京にいる純とタマ子の興味本位に近い関係がもたらす、妊娠中絶。 その代償の「誠意」のあやふやさに躍らされる、五郎と菅原文太おじさんの意地と見栄が見どころです。

『北の国から』 五郎さんの恋に、ほのかな灯りを点してみました・・・

「北の国から」の主人公、五郎さん(田中邦衛)にも恋はありました。一途に走る男の純情な恋です。 華こそありませんが、素敵な男に間違いありません。そんな、味のある野郎も少なくなっているのが寂しい、、。何度も何度も見たくなるのは、そこら辺りにあるんです。

『北の国から』のメイン俳優5人に、ランプの灯りを点してみました。

「北の国から」のメイン登場人物は5人です。主人公の五郎(田中邦衛)、妻・令子(いしだあゆみ)、純(吉岡秀隆)、螢(中嶋朋子)、雪子(竹下景子)。 それぞれの俳優歴は別として、5人に共通するものにライトをあててみました。浮かび上がってきたものとは?

『北の国から』全話が”Amazonアカウント”で無料見放題 FODプレミアムの愛しい2週間  

「北の国から」全話35本が無料見放題です!見逃していた○話と○話を見たい。もう一度、じっくりと鑑賞したい。 わかります・・・。「北の国から」は、見はじめると止まりません。笑 さあ。FODというタイムマシンに乗って、あの良き時代を体感してください!

仮想通貨の仮面をはぐ。まるで、裸の王様の「阿波踊り」じゃないか!

はやりの「仮想通貨」に泣き笑いするもよし。タンス貯金にすがるもよし。 人間の欲深さは死んでも治らない。あの世の閻魔様も銭しだいとか。 このままだと、発射ボタンを押す日も近い?やめてくれよな! 地べたを這いずり回り、生活している正直者が大勢いるんだぜ!!